最近注目の自動制御ってどうなの?【効率化が可能】

記事リスト

敷地に境界を設ける

フェンス

素材や形状によって違いが

敷地の境界を明らかにするために設置されているフェンスは、従来使われてきたコンクリート塀に比べて多くのメリットがあることから広く普及しています。そうした特徴の一つが軽さです。アルミやポリスチレン樹脂などを素材に使っているため、重量を軽くすることができます。軽いという特徴は地震の際の揺れにも強いことを意味し、耐久性にも優れているのが特徴です。市販のフェンスには様々な種類があり、使う目的に応じて最適なものを選ぶようにします。外部からの目隠しを重視するなら、アルミ形材を組み合わせたものが適しています。隙間のないように組み合わせることで外からの視線を遮ることができます。空気の吹き抜け口を設けたいなら、アルミ形材を斜めにずらして固定したルーバータイプがおすすめです。下側から空気を取り込むことができ、強風時の対策にもなります。特に目隠しの機能を重視しないのであれば、メッシュタイプのフェンスも良いかもしれません。日陰を作らないので、植物の生育に影響を与えることもありません。風通しも非常に良く、侵入を妨げる機能性を持ちながら開放的な空間を得ることができます。ポリカーボネート樹脂を使ったフェンスは、価格が安いことと明るさを得られることが特徴です。敷地が広く費用的な負担が気になる場合に、このタイプのフェンスを選ぶとコスト削減につながります。軽量に作ることができ高さのあるフェンスが欲しい時にも便利ですが、経年劣化により破損する場合もあるため定期的なメンテナンスが必要です。