最近注目の自動制御ってどうなの?【効率化が可能】

記事リスト

農地での発電

ソーラーパネル

兼業の魅力

農業とソーラーパネルによる発電を両立させる仕組みを、ソーラーシェアリングと呼び近年注目が高くなっている。ソーラーシェアリングでは、農作物を地表で育てつつ、その上部にソーラーパネルを設置し農作物を作りながら発電を行う仕組みとなっている。農地では、広大な敷地であることが多いため、太陽光発電に特に向いている。また、通常は太陽光を遮るものが少ないため、効率の良い発電が可能になることもソーラーシェアリングを活用する魅力となっている。ソーラーシェアリングを行うことで、通常の農業として収入を得ながら太陽光発電での売電収入も得られるなどメリットが大きい。特に農業では、時期により農作物が収穫できず収入を得られないケースがある。これらに対しても、ソーラーパネルを設置しておくことで1年を通して安定して売電収入を得ることが可能になる。ソーラーシェアリングを行う為には、実施するための条件があったり届出を行う必要もある。これらの条件や届け出を行う際には知識やノウハウが必要になるため、サポートしてくれる業者を活用して始めることが最適である。また、ソーラーパネル設置においても、費用などにより違いがありより効率の良いパネルを設置する方が売電収入を得やすくなる。これらについても、サポート業者が合わせて対応してもらうこともできるため、業者に相談しながら進めることが効率が良い。ソーラーシェアリングを行うことで、農家の収益を上げることが可能になる。